様々なローンの活用

banner

ローンを申し込むとき


本来、ローンを申し込むときには、担保となるものが必要になります。
不動産担保ローンなどは、不動産を担保にして、返済滞った場合は、金融会社がその不動産を没収します。
他にも、担保に出来るのは、車や有価証券などがあります。すぐに売却できるだけの価値がある。
そういうものが担保として、銀行には喜ばれます。
万が一、返済が出来なくとも、この担保があるために、金融業者は損をしないのです。
しかし、中には、担保になる土地や建物を用意する必要がない無担保ローンもあります。
無担保ローンと聞くとなんとなく「怪しい」と考えて、感じてしまう人も多いはず。
しかし、世の中のローンの大抵は、無担保ローンなのです。
学資ローンや、自動車ローンなども無担保ローン。もっといえば、カードローンはその最たるものです。
しかし、住宅ローンシュミレーションは担保を取らない分、銀行にとっても諸刃の剣なのです。
普通は、返済が滞ると、担保を売却して、銀行は損失の補填に当てます。
担保を取らない分、スピード重視の融資が出来ますが、逆に担保を取らないことで、損失を蒙る事も。
そのため、無担保ローンは、担保を必要とするローンに比べると金利が高く設定されています。
加えて、意外に小額の融資しか、受け付けてくれません。
銀行がギリギリ損をしても他で補える。
その程度の小額ローンなのです。
逆を言えば、借主にとっても、その小額のために大仰な審査を必要としないので、
もしものとき、今月危険になってしまったというような状況になったときに助けてくれるローンともいえます。

審査が必要


無担保ローンを借りる事自体は、そんなに難しくはありません。
一般の消費者金融に申し込めば、簡単に融資してくれます。但し、銀行の無担保ローンは、審査が必要です。
無担保ローンは、繰り返しますが、貸す側が非常にデメリットが大きい。
消費者金融は、下手な鉄砲数打てば当たる、ということで融資する数を増やすことで、
何とかデメリットを消していますが、経済のスタピライザーである銀行はそんな真似は出来ない。
しかし、高い金利の低額融資である無担保ローンは、銀行にとっても実入りが大きいのも事実。
そのために、無担保ローンを止めるという選択肢も取りにくい。
結果的に、最低限の審査というどっちつかずの行動になってしまっています。
さて、銀行は審査基準を公表していませんが、最低限の審査というと、しかし、本人確認と返済能力有無です。
返済能力に関しては言わずもがなでしょうが、年収や勤続年数、勤務先の状態などから、
申し込み者の収入を算出して、融資できる限界を見定めます。
担保がないのですから、この返済が滞った場合は、どうするのかまでを考えなくてはならないのです。
本人確認が必要な理由は、実は悲しいことですが、成りすましということがあるのです。
本人は申し込んだ覚えのないローン、ある日、銀行から電話が掛かってきて、返済が滞っていることを知る。
それまでの間にも、銀行口座から引き落とされているということも十分にありえる話です。
決して、夢物語ではなく、実際に事例として存在していることなので、要注意です。
簡素な審査なので、そんなに時間を取られるようなことはありません。
個人信用情報などを参照すれば即日、融資してくれることも場合として多く存在しています。

Copyright(c) 2013 様々なローンの活用 All Rights Reserved.